クレジット現金化サービスインフォメーション@クレジット現金化の何が問題なのか?始める前に法律を知っておこう

クレジット現金化サービスインフォメーションは、クレジット現金化を買ってしまおうと望まれているけれど、安全や効能において不安感を抱いているという皆さんのために、このサイトがクレジット現金化に関しとことん記載していきます。 - クレジット現金化の何が問題なのか?始める前に法律を知っておこう

クレジット現金化の何が問題なのか?始める前に法律を知っておこう

クレジットカードにはキャッシング機能があります。
しかしそれを使わずに現金を得る方法があります。
いわゆるクレジット現金化です。
誰もが一度は手を出しそうになります。
そして調べていくと、クレジット現金化は違法である!
そんな話が出てきます。
とはいえ何が問題なのでしょうか。
クレジット現金化を始める前には、
法律について最低限のことを知っておきましょう。

どんな法律が関係するのか

クレジット現金化で問われる法律には何があるのでしょうか。
最も想定されるのが詐欺罪と横領罪です。
とはいえカード会社もそこまで暇ではありません。
また訴訟にお金をかけるのもバカらしいものです。
そのためクレジット現金化を行った個人が罰せられるケースは、
現状においてありません。
単にカードの使用が止められる!
それで終わりです。
なお関与した業者には、貸金業法や出資法が絡んできます。
しかし個人には関係がありません。

カードの規約に効力はあるのか

クレジットカードの規約では、クレジット現金化を禁止しています。
とはいえこの規約にどこまで法的な効力があるのでしょうか。
裁判を起こせばどうなるかわかりません。
しかしカードの契約に際して、
規約に従いますか?はい!
そう答えなたら、従わなければならないでしょう。
カード会社としては、嫌ならうちのカードを使わなくていいですよ!
そう言えば済むことです。
現実にも、カードの審査が通らない!なぜか?
そんなパターンはありがちです。
それでも理由は教えてくれませんね。
不本意ですが、一度睨まれたら終わりです。

自己破産できなくなるかも

クレジット現金化をする人はどんな人でしょうか。
もちろんビジネスのひとつではあります。
とはいえ切羽詰った人もいるでしょう。
それなら考え直してください。
自己破産できなくなる可能性がありますよ。
なお自己破産には悪いイメージがあるでしょう。
しかし現実問題としては、メリットも多くあります。
そのため安易に自己破産をする人が増えているのも否めない事実です。
ただし破産に至った理由が吟味されます。
情状酌量の余地がないと判断されれば、自己破産が認められない!
借金が免除されない!
そんなケースも稀ではありません。

反社会的勢力との関係はどうなのか

クレジット現金化に際しては業者にお願いした方が、
手数料は取られますが簡単ではあります。
とはいえ業者選びには注意しましょう。
一部には反社会的勢力がいるからです。
変なお付き合いになれば、何かと厄介です。
警察から痛くない腹を探られることもあります。
あくまでもビジネスです。
安全な業者を探しましょう。

どうしますか

法律は、知らなかった!では済みません。
人を殺しても、殺人罪があるとは知らなかった!
許されませんね。
それと同じです。
とはいえ法律にも不備は多くあります。
裏を突くわけでもありませんが、
法律を知っておいた方が、何かと便利ですよ。

Copyright(C)2016 www.kellyindustries.com All Rights Reserved.