クレジット現金化をすると自己破産でも借金がなくならない可能性がある?

クレジット現金化サービスインフォメーションは、クレジット現金化を買ってしまおうと望まれているけれど、安全や効能において不安感を抱いているという皆さんのために、このサイトがクレジット現金化に関しとことん記載していきます。 - クレジット現金化をすると自己破産でも借金がなくならない可能性がある?

クレジット現金化をすると自己破産でも借金がなくならない可能性がある?

そもそも論になりますが、借金は返済すべきなのか。
もちろんまともな社会人を自負するのであれば、返済すべきです。
しかし状況次第では自己破産!そういう選択肢もあります。
とはいえ誤解が多いですね。
自己破産しても借金がチャラにならないケースもあります。
クレジット現金化をしている人は、ちょっと気にかけておきましょう。

自己破産とは

自己破産とは、どういう状態でしょうか。
例えば多重債務者のように借金が増える一方で収入源が限られる。
これ以上返済することが事実上難しい。
裁判所でそう判断された際に行う法的手続きです。
基本的には債務者の再スタートを促す方策です。
そのためほとんどのケースでは、
これまでの借金がすべてご破算になります。
今後は借金に頼らずに、頑張って働きましょう。

何が悪いのか

昨今は自己破産を安易に選択するケースが多いようです。
一定期間クレジットカードが使えない。
会社の役員になれない。
多少の不便はあります。
しかしそれ以外は普通の生活ができるからです。
とはいえ自己破産の認定に際しては、
破産に至った過程が吟味されます。
例えばギャンブルや買い物依存症の場合には、
情状酌量の余地がない!
借金の返済ペースは遅らせるけど、完済を目指しなさい!
そう決められることもあります。
クレジット現金化の事実が発覚すると、
裁判官の心証が悪くなる可能性が否めないようです。

どうするか

自己破産は最後の手段です。
基本的には自己破産しない!
少なくともクレジット現金化という「ビジネス」を知った人であれば、
覚悟を決めましょう。
言い換えると稼ぐ手段はたくさんあります。
都合の良い時だけ法律に頼ってはいけないのです。

Copyright(C)2016 www.kellyindustries.com All Rights Reserved.