クレジット現金化には貸金業法違反の可能性がある?

クレジット現金化サービスインフォメーションは、クレジット現金化を買ってしまおうと望まれているけれど、安全や効能において不安感を抱いているという皆さんのために、このサイトがクレジット現金化に関しとことん記載していきます。 - クレジット現金化には貸金業法違反の可能性がある?

クレジット現金化には貸金業法違反の可能性がある?

2011年クレジット現金化に関して、初の逮捕者が出たようです。
とはいえ個人ではありません。
クレジット現金化に関与した取引業者です。
そこで用いられた罪状は何か。
貸金業法および出資法違反です。
この点で言えば個人が直接罰せられることはありません。
しかし知っておくと重宝します。

貸金業法とは

貸金業法とは何か。
わかりやすく言えば、消費者金融などを規定する法律です。
例えば貸金業法第三条は
「貸金業を営もうとする場合(中略)都道府県知事の登録を受けなければならない」
定めています。
基本的にほとんどのクレジット現金化業者は、
この届け出をしていません。
その理由は何か。
貸金という自覚がないからでしょう。
一種の罠ですね。

出資法とは

一方で出資法とは何でしょうか。
こちらも貸金業者を規定する法律です。
かつて過払い金で問題視されたように、
利息に関する指摘が中心です。
もちろん借りる期間や金額によって細かい規定はあります。
しかし現状においては20%を超える金利を課してはいけない!
多重債務者を救うためには有効な法律ではあります。

何が悪いのか

クレジット現金化を試みる個人にとって、
お金を借りる、
そういう概念は薄いかもしれません。
業者を利用した際、
カードで購入した物品の買値と、
業者からもらう売値との差額は手数料!
そう考えるでしょう。
とはいえ見方を変えれば、これが利息になるのです。
言ってみれば別件逮捕かもしれませんけどね。
君子危うきに近寄らずです。

どうするか

クレジット現金化をする人は、背に腹は代えられない!
そういうパターンもあるでしょう。
だからといって怪しい業者を利用してはいけません。
闇金が絡むと厄介です。
つまり換金率が低い業者だと、
上記の法律に触れる可能性も否めません。
ご注意ください。

Copyright(C)2016 www.kellyindustries.com All Rights Reserved.