クレジット現金化には詐欺罪の可能性がある?

クレジット現金化サービスインフォメーションは、クレジット現金化を買ってしまおうと望まれているけれど、安全や効能において不安感を抱いているという皆さんのために、このサイトがクレジット現金化に関しとことん記載していきます。 - クレジット現金化には詐欺罪の可能性がある?

クレジット現金化には詐欺罪の可能性がある?

クレジット現金化で問題になる話の第一は、
詐欺罪に該当する!そう言われることです。
ちょっと穏やかではないですね。
実際にやっている人は、そんな意識がないでしょう。
ではどこが詐欺に該当するのでしょうか。

詐欺罪とは

まず詐欺罪とは何でしょうか。
刑法第246条では
「人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」
定めています。
ここで重要なのは、他人を欺いたかどうかです。
言い換えると、相手に騙されたという自覚がなければ、
詐欺罪は成立しません。
また合意があれば、こちらも罪に問われることはないでしょう。
もちろんこちらにも欺く意志があったか否かは重要です。

何が悪いのか

クレジット現金化に際して注意すべきは詐欺罪です。
議論となるのは、ほとんどのクレジットカード会社が、
規約においてクレジット現金化を禁じていることです。
規約にどこまで強制力があるかは難しい判断です。
しかしカード会社が事前に通告しています。
利用者は、それを承諾しているでしょう。
嫌でも利用者は従うしかありません。
不利な立場にあります。
とはいえカードのショッピング枠を利用して現金に代えることを、
カード会社は想定していません。
そういう観点から見れば、騙された!
詐欺罪が適用されるという話は、納得できるかもしれません。

どうするか

あからさまなクレジット現金化を続けていれば、
カードの利用を止められるだけです。
カード会社としても訴えるほどの時間とお金はありません。
一方でカード会社からの請求に正しく応え支払いが滞っていなければ、
直接的に「欺いて」はいないため、
詐欺罪で訴えることは難しいようです。
もちろん相手が気付いていなければ、そもそも罪は成立しません。

Copyright(C)2016 www.kellyindustries.com All Rights Reserved.